秋のたより

秩父大滝「中津峡」

荒川の支流である中津川がつくり出す、およそ10kmに渡る渓谷美を楽しめる景勝地。春のつつじ、初夏の新緑と四季折々の美しさがありますが、特におすすめなのは秋の紅葉。険しい渓谷が赤や黄に染まる様は、圧巻の一言です。

両岸に岩壁が迫る中津峡は、秩父帯(約1億5000万年前・中生代ジュラ紀)の砂岩やチャートなどに刻まれた深いV字谷です。中津川沿いに約10kmにわたって続く渓谷・中津峡は埼玉県の指定名勝であり、奥秩父を代表する紅葉スポットです。高さ100mにも及ぶ断崖絶壁や奇岩が連なる渓谷を、赤や黄色に染まった木々が彩るさまはまさに圧巻です。

四万十帯にあたる白泰(はくたい)の尾根が比較的なだらかでスギやヒノキの植林が進んでいるのに比べ、秩父帯にあたる中津川流域はカエデなどの天然林が残っています。これは、この谷が硬い岩石でできているため侵食に強く、険しい地形ゆえに人の手を拒み、植林などがされなかったことによるものです。

中津川の名物は、幻の芋といわれる「中津川いも」。田楽が有名で、淡いピンク色の少し小ぶりな芋は皮ごと食べられます。当地の山あいの集落で昔からつくられており、標高の低い地域で栽培すると大きな芋に育ってしまうそうです。 また、持桶トンネルの上流側の出合(であい)という場所にある岩壁には、冬になると高さ約50mを超えるダイナミックな氷の壁が出現します。「中津川の氷壁」として、同じ大滝地区の「三十槌(みそつち)の氷柱」(秩父三大氷柱の1つ)と並ぶ冬の人気スポットです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

営業日カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

11:30~15:00 (生そば売切れ次第終了)

17:00~21:00 夜営業のみ (事前予約制となります)

Google Map(ナビ)

TOP